FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


さて、先日より先生が度々気にされていた、
「GPSは誰が金をだしているのか?」
「なんで無料なのか?」
「最近のGPSは かなり正確ではないか?」
という疑問に関して、 後継社長塾生のKさんが 調べてくださいました。(感謝です。)

弊社Webソリューションチームにも協力してもらいまして、可能な限り、
情報を集めましたので報告させて頂きます。

結論→金を出したのは、アメリカ合衆国です。
・GPS衛星開発費用
・GPS衛星製造費用
・GPS衛星運用費用
・GPS衛星打上費用 など

事前に少し説明をさせて頂きますと、
GPSはグローバル・ポジショニング・システム
(日本語:全地球測位システム)
の略で御座います、
アメリカ合衆国が、最初軍事目的で開発をし、
約30のGPS衛星をこれまでに打ち上げており、
これが色々な軌道で地上約20000キロの高度
を一周約12時間のスピードで動いており、
常に電波を地上に発信しております。

この中の上空にある数個の衛星から信号をGPS
受信機が受け取り、受信側の端末が現在地を
知ることが出来ます。

これを受信する事で、アメリカが使用側に対して
お金を請求することはないそうです。
(不可能なようです。)
アメリカが打ち上げた30もの衛星が地上に
向かって発信する電波の雨を、使用側が勝手に
様々な用途で利用しているだけのようです。

各メーカーのカーナビも、この電波を受信し、
その結果を画面に常時表示させる端末を
作って売って、儲けている事になります。
「受信するのはタダ」で御座います。
ただ、受信機はピンからキリまであるそうで、
その品質によって、数100メートルの誤差の
ものもあれば、数センチのものもあるそうです。

アメリカも自分たちの利用のために打ち上げて
いるので、その電波を他の国や企業がどう利用
しようと「勝手にせい」という事なんでしょうか。


Kさん 色々と調べていただき ありがとうございました。
こんな費用のかかるものを無料で使わせていただく事に もう少し利用者は米国に、たまには感謝したら いかがなものでしょうかね?



この記事へコメントする















会社にお金を残したいなら 今すぐ 経費を増やしなさい  ICO 福岡雄吉郎 著  1620円(税込価格)送料 弊社負担
お金が残る「決算対策」  11月8日 大阪  11月29日 東京
お経の額  新発売中 2014041612100000.jpg 20000円(送料 消費税込)
2018年  8月24日~29日より 伊豆で断食予定です☆☆
09 ≪│2018/10│≫ 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
販売中!! です(*^_^*) 「社内埋蔵金をお金にする知恵」 中経出版 1500円+消費税 (3冊以上のご注文で送料弊社負担) ご注文は ICOFAX06-6947-0237へ
31JA49BKCDL._SL500_AA300_[1] 41TBDDT9YYL._SL500_AA300_[1] 41D1KKA2GQL._SL500_AA300_[1] 41vF9kikIKL._SL500_AA300_[1] 415A0mEkAqL._SL500_AA300_[1] ★稼ぐ商品サービスづくり  ★カネ回りの良い経営  ★儲かるように全てを変える  ★会社を上手に任せる法  ★後継者の鉄則 ★上記定価9800+消費税 販売中! 皮版もございますので、別途お申込みくださいませ★ 51DV0jl40ZL._SL500_AA300_[1] だからあなたの会社は倒産する 1300円+消費税------ -------------- ★★★★古い書籍ですが若干 在庫ございます 【企業は腰で決まる】21JVJP4244L._SL500_AA300_[1]   ダイヤモンド社刊 1600円+消費税 在庫がございますので、ご入用の方はICOまでご注文下さ い【送料弊社負  担実費にて)

presented by 地球の名言

名前:
メール:
件名:
本文:

井上和弘

Author:井上和弘
自分が稼いで金を得る事より私を企業軍師として迎え入れてくれる方の企業が、稼いで良い強い企業になってくれる事を生涯、求め続けている経営コンサルタント。

えばらず、目立たず、熱い情熱と冷静な判断力をもち、常に企業を正しい道に導く指導者。

こよなく美しいもの、こよなく美味しいもの、こよなく体を動かす事、それでいて静かに文化性の臭いのするする男でありたいと願っています。
その為に一年中 求道者として旅を続ける男。