*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 東京を中心に関東平野のあちこちの町に出かける私でありますが、実は、鎌倉の観光地を全く知らないのです。

死ぬまでには 『鶴岡八幡宮』へ お詣りに行こうと念じてましたが、やっと叶って出かけました。

 

八幡宮の本殿にある額の八の字がハトが向かい合っている事を確かに確かめてきました。

 

「鶴岡八幡宮」の画像検索結果

 

「鳩サブレ」 昔からデパートで見ていましたが、鎌倉に本店があり、その会社は「豊島屋」なんですね。

八幡さまの八の字の ハトから商品開発 すごいですね!

 

鎌倉には多くの寺が存在しますが、その一つの「英勝寺」を拝観しました。

写真は玄関の扉ですが、思わず写真を撮りました。

 

 

 

 

 

葵の紋所に真ん中に桔梗の文様が入っているではありませんか!

合わせ紋というのでしょうか?

 

葵は 徳川家、桔梗は何家?

気になるのです。

 

家康の正室は築山殿、今川義元の姪っ子で 仲があまりよくなかった夫婦であったことは、昔から知っていました。

多くいた側室の中で お梶の方を家康は可愛がったと聞いていますね。

頭がよく、戦場にも連れていき、関ケ原でも男装したと言われており、彼女が戦場に居ると連勝するもので、名をお梶から お勝に代えさせたという女性です。

 

このお勝さん 大田道灌の5代目に当たる人物で、家康の死後も名を英勝院と変え、幕府の重要な地位を占め、この地に水戸家のバックもあり、開山することになったとか、説明がありました。

桔梗は太田家なのでしょうね・・・・・



北大阪で地震

 

朝 8時前 地下鉄三国駅を降りて 新御堂の街路を訪問先の顧問先に向かって歩いていた。突然、目の前の(人は歩くとき 目線は5m先の地面)舗道が20センチ 下からの力で持ち上がり、同時に右耳に「どかん」という車輛がぶつかったような大音響が響き渡った。

 

私は 立って歩むことが出来ず、右側にいた見ず知らずの人の腕に絡みついた。

前を歩く人は 私のほうに振り返り、「何が起こったのでしょうか?」と恐怖の顔で尋ねてきました。

私も何が起こったのか知らないが 携帯電話が地震発生を知らしている。

 

阪神大震災の時の高速道路の橋げたが倒れくる映像がよぎり、右側の道路のケタと地下鉄のケタがこちらに倒れてこないかと どこへ逃げるのか、一瞬 考えました。幸い倒れる事はありませんでした。

 

30㎝先の女性や男性は 走り、車輛の人は スマホで大声でしゃべっている

訪問先のビルに駆け込み、一安心する。

その時 私の頭の中は

・自宅や事務所にいかにして帰るのか(すべての交通はストップするだろうから)

・携帯は つながらない この近くの固定電話はどこにあるのか

・朝昼晩飯はどう確保しようか

・エレベーターが止まるが会社に行っても 階段を上がれるのか

・今日 明日のスケジュール どうするか?  明日は新幹線のはず

 

東北大震災の時、東京に滞在した折は、

1、宿泊  寝る処

2、足の確保

3、食事  

4.、連絡方法

この4つで ひどい目にあう経験から すぐに対策を考える癖がつきました。

 

しかし、10分前は通勤車両に乗っていた、あの中に閉じ込められると、どうにもこうにも出来なかったことを思えば、今回もまだ ましで 対策は打てました!



 

 

ORコードでスマホ支払いをすることが そんなに進化していることと 褒められることでしょうか?

 

 

 

中国の市場で 店のQRコードに対して スマホをあててキャッシュレスにしてる映像をテレビで流し、中国で進化していると評論家が褒めていました。

確かに 町のホームレスのおばさんが 恵んでくれと停車中の車に寄ってくる「小銭がない!」と断るとQRコードを示したことには 私も驚きました。

 

私の財布の中には、常に数十万円の現金が入っています。

「危ないじゃないですか?」という方がいらっしゃいますが、学生時代から

「私の持っているお金を盗んでまで 生活しないと生きていけない方がいらっしゃるなら それでもいいか!」 という考え方を持っています。

 

「取っていきたかったら 持って行け ドロボー」という考え方です。

友人に騙されて 金をとられたことはあっても、取った経験はありません。

それだけ日本は、安全な国なのです。

 

「そもそも巨額の現金を持ち歩いて現金決済をするような奴は やくざか脱税を考えている奴ばかり・・・」と発言している人がいます。

そのような事を言う方は、社会的不安がある米国暮らしの方か、汚い紙幣を何百回と使う貧しい国ぐらいの人が言う事です。

 

 

 

アマゾンで本のリストを検索してみると「この本に興味を示している方は こういう本を買っている!」と出てきます。

「ほっとけ やかましい!」と言いたくなるような おせっかいな広告が入ります。

『便利ではないか』 という方もいますが、アマゾンだけでなく、コンピューター社会になって恐怖を感じるのは、アマゾンのような会社が膨大な情報を集めて、そのデーター分析で市場を支配する時代が近づいている事です。

 

 

先日も取引先であるメガバンクの大阪支店で多額の現金を引き出すのに、カウンター前の椅子で座っていると、いつの間にか 私の横に銀行員の担当員が来ていました。

 

「多額の現金を雄引出しになるようですが ・・・何用にお使いですか?」

「何に使おうと 私のお金  ほっとけよ」

「何かに投資ですか?  運用でしたら お手伝いさせてください」

前から気に障っていたのが、私の預金残高を見ているようで イヤーな気持ちになっていました。

 

「前々から 言っているでしょう 日本円(為替に影響されない)いつでも引き出せる、利回り1%あれば 投資するよ!」

「私は 門外漢なので 我が証券会社を紹介させていただきます」

「ここで証券 売っているの」

「いいえ 〇〇証券です」

「君の銀行じゃないじゃないか!

「いいえ いま  ワン○○○ と言い 我々は一体です」

 

預金ある人の口座のお金を覗いては いろいろ言ってくる時代。

個人の財産等も個人情報が皆に 筒抜けになっている時代になってきました。

 

これからの時代 マイナンバーが顔写真つきになり、全国民の個人情報は国が一括で管理になる、恐ろしい時代になるのです。

所得、使い道、銀行、証券、すべての個人情報が筒抜けになっているが、果たして今の 日本のように平和で自由で のんきで 豊かな国として続くのでしょうか?

 

 

国で法案がいろいろと通過していくことよりも AIによって 高度化する個人情報の筒抜けの方が 恐ろしいのですが・・・・

私は、財布に現金がそこそこ入っており、綺麗なピン札を見るとリッチな気分になり、1日が豊かなのですが・・・いけない事でしょうか・・・

「現金 万歳!」



 会津若松に仕事に出掛けました。 そこから1時間の距離ですが 大内宿という江戸時代の茅葺き宿場が残っているのです。
前々から訪れたいと思っていましたが、やっと実現しました。

期待した通り、裏切られることはありませんでした。

 

 

 

 

 

 

箸は ネギ一本で食べるのです。薬味としてかじりながら食べるのです。先がささくれてきますので 結構 箸代わりになります。

蕎麦が手打ちだと言いますが、裏磐梯で食べた蕎麦の方がおいしかったのですが・・・・・・??

 



 

一の窯 入口

進んでいくと

下りの道

吊り橋を渡り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山梨から

写真ICO



経営者に必須の財務力は、この1冊で身につく! 社長の決算書の見方・読み方・磨き方 カラーの図表66点・巻末折込資料11点あり  14580円(割引価格)送料 弊社負担
決算書の見方・読み方・磨き方  5月22日 大阪  5月29日 東京
お経の額  新発売中 2014041612100000.jpg 20000円(送料 消費税込)
2018年  8月24日~29日より 伊豆で断食予定です☆☆
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
販売中!! です(*^_^*) 「社内埋蔵金をお金にする知恵」 中経出版 1500円+消費税 (3冊以上のご注文で送料弊社負担) ご注文は ICOFAX06-6947-0237へ
31JA49BKCDL._SL500_AA300_[1] 41TBDDT9YYL._SL500_AA300_[1] 41D1KKA2GQL._SL500_AA300_[1] 41vF9kikIKL._SL500_AA300_[1] 415A0mEkAqL._SL500_AA300_[1] ★稼ぐ商品サービスづくり  ★カネ回りの良い経営  ★儲かるように全てを変える  ★会社を上手に任せる法  ★後継者の鉄則 ★上記定価9800+消費税 販売中! 皮版もございますので、別途お申込みくださいませ★ 51DV0jl40ZL._SL500_AA300_[1] だからあなたの会社は倒産する 1300円+消費税------ -------------- ★★★★古い書籍ですが若干 在庫ございます 【企業は腰で決まる】21JVJP4244L._SL500_AA300_[1]   ダイヤモンド社刊 1600円+消費税 在庫がございますので、ご入用の方はICOまでご注文下さ い【送料弊社負  担実費にて)

presented by 地球の名言

名前:
メール:
件名:
本文:

井上和弘

Author:井上和弘
自分が稼いで金を得る事より私を企業軍師として迎え入れてくれる方の企業が、稼いで良い強い企業になってくれる事を生涯、求め続けている経営コンサルタント。

えばらず、目立たず、熱い情熱と冷静な判断力をもち、常に企業を正しい道に導く指導者。

こよなく美しいもの、こよなく美味しいもの、こよなく体を動かす事、それでいて静かに文化性の臭いのするする男でありたいと願っています。
その為に一年中 求道者として旅を続ける男。