*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


福山からレンターカーで島なみ海峡を越えて四国の今治のタオル工場に行きました。

毎日使う物、そして最高のものを捜して・・・・・

綿糸でピューマオーガニツクと言われる糸をご存知ですか?

元祖は、エジプトの綿の種、アメリカの南西部に渡りアメリカインデアンが畑で育て、品種改良で今や世界一といわれている。

その原綿を 大阪は泉州の大正紡績で糸にされ今治でタオルとして織っている。

渡辺社長と

糸から成型機に

 

織り機前で

 

旅館では「ただ」でくれるタオル。安いものだと思っていましたが、服地をつくるのと同じく、いや それ以上に手間のかかるもの。ただただ感心するばかりです。

何に使うのか?   お楽しみに!!



売り切れごめん。新鮮度が売りです。
開店9時、私の時計は910分を指しています。


写真を取ってきました。

 

魚、おさしみ、サラダ、すし、お弁当、パン、お肉、店頭の陳列台には商品がまだありません。

  

 

おさしみ売り場

弁当売場

すし売り場
今、作っているところです。昼に向けて売る量だけ、商品をつくっています。
前日の売れ残り物を販売する方針がないのです。

 


魚売場の一角にアジとかが山盛になっています。これは朝、定置網にかかった

規格外の魚を並べているのです。

 


牛肉売場にはブロックで売っている? 牛ー頭買いしているとか。



 

 

 

焼酔売場には3M(森伊蔵、摩王、村尾、)佐藤の黒白の高級品、福山で売れるのか?

 


朝からお客様はいらっしゃる。



1
年前にたまたまテレビで招介されているのを偶々目にして、面白いスーパーと思って調べてみてエブリィーと知った。 

どっかで聞いた名前?  と思っていたら、後継社長塾の修了生の岡崎様

福山の実際を見たいと思い、岡崎さんにお願いしたのです。

創業者 岡崎 雅廣氏の理念
スーパーマーケット業界の常識を疑え、独自固有の売り場づくり
鮮度追求、専門店並のクオリテイの追求、スーパーマーケット、外食レストラン、宅配、給食、通信販売これら業態を連携しての材料品質回転主義の実例には驚きでありました。


岡崎浩樹君、後継者塾の修了生である彼に問いました?
「親爺さん、何処でこんな考え方何処から学んだのですか?」
「うちの親爺は、先生のセミナーも本も学んで読んでいますよ。」





 

寒い正月を避けて、年末正月は この数年 海外で過ごしています。

本年は、安全を考えて、シンガポールを訪れましたが、今回は何の仕事もせず、「ゆっくりの休日」であったので、ゴルフに行ったことはあっても,セントーサ島を選び、3連泊してきました。

 

曇り、雨で 雨季のシンガポールも良さはありませんでしたね

 

過去5回 シンガポールを訪れていますが、インド人街とマレー人街に行ったことがなく、地下鉄を乗り継いでこの町を訪ねました。

 

45年前に訪ねた時は、おねえ?達がいた「ブギスストリート」は、今や その雰囲気もありませんが、町の中央でも植民地風な建物は、取り壊されて新しいビルになっていました。が、軒を連ねた古い家並みは残っていました。

ビルの乱立する美しい町よりも、なぜか 人の臭いのする雑っぽい街を歩く方が楽しいですね。

 

 

 

 

 

 

セントーサ島 シャングリラホテル

 

 

マレー街

 

 

 




前摂津市市長の森川薫氏とは茨木カンツー倶楽部で同じ干支の会、いななき会(午年)でご一緒する仲ですが、この方は、実に誠実な方で、何とも言えない人柄が滲み出た人物です。

先日、森川氏から写真の原田憲先生の叙勲記念のテレホンカードが送られてきました。

  


何年か前に

「井上さん、原田先生と関係あるんですね!

私、先生の叙勲記念のテレホンカード持っているので差し上げます!
と言ってくださったのです。


ところが、森川氏も差し上げる約束をしたもののテレホンカードが何処にいったか解らずになってしまい 私にすまなそうに どこにいったか分らなくなっていると謝ってこられたのです。
こんな事ってよくある事です。

会うたびに謝ってこられ、私も恐縮してしまいました。

 

 


5
年もたったでしょうか。

森川氏から写真見つけましたと連絡があったのです。
威厳のある原田先生の写真を見て、なつかしい思いが浮んできました。

 

昭和38年、衆院選がありました。私は大学生でしたが、候補者付という大きな役割を指示されました。

この役目は、選挙期間24日間 原田先生の横にびったりと付き、寝るのも襖一枚の室で同じ、立合演説会は舞台のソデで、先生の横を離れてはならなかったのです。(第一秘書も奥様も各々他で行動するのです)


今なら携帯電話で済ますが、先生の指示で連絡に立つ、支援者の自宅での昼食.夕食の献立にサシミ等の生ものが入らないかのチェックなどです。

長い期間(24日間)、広い選挙区で健康管理が一番の課題でした。

舞台のソデで先生と出番を待っている、前の候補者の共産党 川上貫一氏が演説している。話しの内容は耳に入ってきます。

思わず野党の批判が・・・なるほどと納得してしまうと同時に原田先生は、どう演説するのか、反論するのか心配してしまう。


その頃の聴衆者は、ほとんど夜の時間もあまし人間、娯楽気分です。

共産党の川上氏の演説が終われば、支持シンパは帰ってしまいます。

原田先生は
『皆さん、川上貫一先生は、大変痩せておられた体型でしたが、何と肥えて

お太りになりましたね。これも池田内閣の所得倍増計画の効果ではありませんか! 』
聴衆者は大笑い、クソまじめに政策を言うより、分かりやすく、面白く、笑いを取らないといけないことを学んだのです。

3
週間以上満足に風呂、散髪出来ず、睡眠時間の短さに後半には まいってしまいました。
夜の連絡会では、私は
「原田先生は もう限界です、スケジュールをもう少し、緩く出来ませんか?
と発言したのです。

 

 大桑秘書が
「井上君 代議士は限界ではなく、君が限界だと言いたいのだろう! 」

 


その通りだったのですが、その場は否定したのですが、まわりの人も 皆 喜々として活動しているのです。

選挙は勝利しました。後日、大桑さんに言われました。
「井上君、候補者は、君ほど疲れないんだ、自分の選挙だろう。奥さんをはじめとした人間は3年に一度のゲーム大会   勝つか 負けるか、選挙が好きなんだ。好きでもない事よくやってくれた。 

原田先生も君のこと誉めていたよ、よく気がつき、活動してくれたって」

無償で他人に尽くし、勝利感が味える。

この喜びが 後日の私の行動原点になったのでしょうか。





大学受験の時に初めて東京に行きました。宿泊先から何もかも自分でやらない事には、知人は、誰も居ず 心細いったら、今も思い出します。

小学校の同級生の父親が、地元選出の衆議院議員原田憲先生の地元の秘書をしており、彼女が私を招介してくれ、原田憲先生の第一秘書の大桑啓仁氏のお世話になるのです。

選挙区には、自民党の大物代議士高崎達之助(NT貿易開拓者) 缶詰の東洋製缶の社長がおられ、原田先生は何時もギリギリか落選する危ない位置におられました。

資金もない状態でした。

第二議員会館には一名の女牲事務員しか雇えず、私に時間があれば、手伝ってくださいと頼まれ、月のまん中で親からの仕送りも消えてしまう私にとっては、食事にありつけるだけでもありがたく、なにしろお金をもらえなくっても国政を垣間見ることが嬉しかったのです。


まだ、陣笠代議士原田先生に付く、秘書の大桑さんの働きぶりには、世間を知ら無い私にとっては驚きでありました。
モーレッ時代の昭和30年代、皆がそうであつたのでしょううが、大桑さんが代議士に尽くす仕事ぶりは、秘書であるから当り前でしようが、私達若い者の面倒見もよく、そのお世話の数々は感謝しきれないほどでした。

サルは木から落ちてもサル、代議士は落ちたらタタの人、と言われており、

落ちないため365日休みなく、国政の仕事、地元の世話、と大変だったのです。
「井上君.代議士の給料を事務局へ行ってもらってきてくれるか! 」
「エ・・私が ですか?
「そや、君が行ってもらって来てくれ、そして議員会館の食堂の買掛金、ツケを 

支払って、残った金で郵便切手買って来て(その頃は現金支給) 」


さぞかし大金が入っているのでは と予想し、私も信頼されたものと思って

中の現金を確かめてビックリしました。

思うほどの現金もなく、税金,党員費、共済、落選保検やらで その少なさに、気の毒になりました。食堂のツケは、地元の婦人会や老人会が、東京見物に来て国会議事堂見学会される時の昼食代でした。買う切手もたいした数量は買えませんでした。

後には、郵政大臣、運輸大臣に就かれましたが、国の政策を考え、地元に尽くす努力を惜しまず、その姿をみて、私も、又、大桑さんや事務の方の手助けが嬉しくて仕方がない体験をしたのです。
  



経営者に必須の財務力は、この1冊で身につく! 社長の決算書の見方・読み方・磨き方 カラーの図表66点・巻末折込資料11点あり  14580円(割引価格)送料 弊社負担
事業承継とお金の実務   3月7日 東京  3月13日 大阪
お経の額  新発売中 2014041612100000.jpg 20000円(送料 消費税込)
2018年  2月21日~26日より 伊豆で断食予定です☆☆
01 ≪│2018/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
販売中!! です(*^_^*) 「社内埋蔵金をお金にする知恵」 中経出版 1500円+消費税 (3冊以上のご注文で送料弊社負担) ご注文は ICOFAX06-6947-0237へ
31JA49BKCDL._SL500_AA300_[1] 41TBDDT9YYL._SL500_AA300_[1] 41D1KKA2GQL._SL500_AA300_[1] 41vF9kikIKL._SL500_AA300_[1] 415A0mEkAqL._SL500_AA300_[1] ★稼ぐ商品サービスづくり  ★カネ回りの良い経営  ★儲かるように全てを変える  ★会社を上手に任せる法  ★後継者の鉄則 ★上記定価9800+消費税 販売中! 皮版もございますので、別途お申込みくださいませ★ 51DV0jl40ZL._SL500_AA300_[1] だからあなたの会社は倒産する 1300円+消費税------ -------------- ★★★★古い書籍ですが若干 在庫ございます 【企業は腰で決まる】21JVJP4244L._SL500_AA300_[1]   ダイヤモンド社刊 1600円+消費税 在庫がございますので、ご入用の方はICOまでご注文下さ い【送料弊社負  担実費にて)

presented by 地球の名言

名前:
メール:
件名:
本文:

井上和弘

Author:井上和弘
自分が稼いで金を得る事より私を企業軍師として迎え入れてくれる方の企業が、稼いで良い強い企業になってくれる事を生涯、求め続けている経営コンサルタント。

えばらず、目立たず、熱い情熱と冷静な判断力をもち、常に企業を正しい道に導く指導者。

こよなく美しいもの、こよなく美味しいもの、こよなく体を動かす事、それでいて静かに文化性の臭いのするする男でありたいと願っています。
その為に一年中 求道者として旅を続ける男。